口コミ化粧品

肌にとって理想の環境、状態を知る

化粧品口コミコスメ > 化粧品選びの基準 > 肌にとって理想の環境って?

乾燥肌や敏感肌にはならないためにも



化粧品別
自然派化粧品
馬油 通販
トライアルセット
トライアルセット化粧品口コミ
スローコスメ

肌にいい食材
野菜 通販
食材で体内からお肌をきれいに

化粧品選びの基準
自分の肌と向き合ってみましょう
肌にとって理想の環境って?
化粧品成分を知っておきましょう
シミの原因にもなる成分
安全性の高い化粧品の基準
10代〜20代前半のかしこいメーク
20代後半〜30代のかしこいメーク
40代からのかしこいメーク

肌・毛穴対策
毛穴・黒ずみケア
毛穴すっきり
ムダ毛処理 埋没毛 対策
しみ・しわケア

化粧品口コミ
ライスフォースの口コミ
ロクシタンの口コミ

肌の状態にあった化粧品
敏感肌 化粧品口コミ
乾燥肌 化粧品口コミ
アンチエイジング化粧品口コミ
美白 化粧品口コミ
大人にきび 化粧品口コミ
毛穴の黒ずみケア・角質化粧品

豊胸関連
バストアップの方法
豊胸
レディースプエラリア バストアップ
バストアップ口コミ

パッチリ二重アイテム
二重にする

肌にとって理想の環境、状態を知る



皮膚は、数種の細胞が重なり合っている薄い層の表皮と、その下にある厚みのある層の真皮から構成されています。

肌と呼んで化粧品の対象としているのは、
表皮の一番外側にあって、目に見える角質層のこと、角質層の表面には皮脂があり、若いうちは特に潤沢な皮脂膜によって覆われています。


外からの異物(紫外線)が進入しないように、頑張っている心強い番人
それは皮脂であり、角質細胞間脂質の層を有する角質層であり、脂分の多い顆粒層であり、脂の力がお肌を守っています。角質層は、わずか100分の2〜3ミリ程度しかなく、ラップを2枚重ねたぐらいの厚さになります。

健全であるためには、なによりも脂の力が必要になります。ご存知のように皮脂の分泌は年とともに減少し、特に女性はホルモンの関係で、男性よりも皮脂の分泌が少ないため、肌の老化も早く進みます。

それでもスポーツなどで、素肌を太陽にさらさない限り、40歳ころまでは美しい肌を維持できます。しかし最近は、20代そこそこにして、乾燥肌になっていることが多く、10代後半で肌がカサついて困る人も増えてきています。

乾燥肌=老化を進行させるといっても過言ではありません
どの程度、老化しているかは、石鹸洗顔をしてみれば、すぐにわかります。健全な肌では、十分な皮脂が水をはじき、石鹸洗顔後に何の苦痛を感じませんが、皮脂を極端に失った肌は、洗顔をしたままでは異様につっぱり、痛みを感じる場合もあります。

若い世代で、シャワーをしても水をはじくような肌と言うのは皮脂を十分に貯蓄しているからです。

例えば美容師などのように、毎日何人ものお客さんの髪をシャンプーしている人たちの手は、シャンプーの成分によって皮脂が減少し、水を弾かない肌になり、水が皮膚ににじんでくるような状態なります。

できれば若いうちは、化粧も薄く、素肌の美しさを強調するほうがいいです

しかしある年齢になれば、自然に皮脂の分泌は減少します。よって、バリアゾーンがもろくなり、外からの異物が皮膚内に入りやすくなって、シミや黒ずみなどの原因になりますので、皮脂を他の脂で補わなければいけません。
それにはきちんとした基礎化粧とメークが必要です。素肌を紫外線などの外敵から守るとともに乾燥を防ぎ、老化を遅らせるために、つまり、ある年齢以上の女性にはメークは重要性になります。


人の肌によって1番大切なのは、皮脂を含む脂分です。
皮脂が不足したら、そこから皮膚の水分が逃げます。ですから、補う必要があるのは脂であって水ではありません。

乾燥肌の原因はあくまでも皮脂の不足です。皮脂が足りないから水が蒸発して、カサカサになるのでは水分が足りないからではありません。わたしたちは感触のよさを追求するあまり、肌にとって何がいちばん必要なのかという原点をかえりみず進んできた経緯があります。


では、どうすればよいのか?
体内からお肌をきれいにすることが重要な鍵になります。>>>


スポンサードリンク


(C)copyright コスメ口コミ化粧品 all right reserved